テーマ:教育

教育(第5話):国語力が落ちている?

   新聞を読んでいて最近は、以前に比して意味が分からず読み返すことが多くなった気がする。因みに、よい文章とは分かり易くて誤解なく、きっちりと相手に伝わる文、と私は考えています。    最近読み返した文は、サンデー毎日9.10の新聞広告です。広告は、『眞子さま 婚約前「最後の父とのハンガリー訪問」』とあります。    「最後の父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育(第4話):中国は韓国の最上パートナー!、大統領の判断?

   北朝鮮の核実験に関して、「中国は北朝鮮の核を容認しないと繰り返し公言してきた。北朝鮮の核実験への対応として、北朝鮮の態度変更を迫る水準の新たな制裁を含む国連安全保障理事会決議を、中国が支持する姿勢を見せないなら、北朝鮮による5回目、6回目の核実験も防げないということは中国もよく知っているはずだ」と、朴槿恵大統領は中国に不満を表明し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育(第3話):貧しさは脳にも影響!

   ブログのための私的メモをみていると、Nature news(30 March 2015)に次のような見出しと小見出しがあった。3月頃の話なので内容の詳細は覚えていない。興味ある人は個人でアクセスして頂くとして、ここでは関連事項を付記して、今日のブログとする。    Poverty shrinks brains from birt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育(第2話):ヒトはサルになりつつある?!

   教育(第1話)では、「人と人との心を結びつける教育が大切である」と記した。今回は、それを別の視点で考えてみる。    そのきっかけは、『人間社会でサル化が進んでいる』と指摘する山極寿一・京大総長の講演要旨(毎日新聞2月13日)から貰った。それによれば、「ゴリラはサルと違って、相手に共感する能力を持っている」という。そして「ヒトは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育:後藤さん事件を教訓とした教育の再検討?!

   「教育はその国の根幹を形作る」という意味で最も大切なことだと考える。なかでも最も大切なことは「どのような国民・市民を育てるか」であろう。    ブログのテーマに「教育の再検討」を選んだのは、最近の事件では「老人や子供、あるいは女性など弱者が殺される事件」が世界に限らず日本でも余りにも多いことがある。この問題を単なる道徳教育の復活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more