原理・原則(第33話):事実(3)こそすべて、新型コロナ対策

   今日3日(日)昼過ぎに記したこのブログの内容が不適切な部分があることを、NHKスペシャル「調査報告 クルーズ船~未知のウイルス 闘いのカギ~」(21時)を視聴して感じました。追加・訂正文と比較すればどこがまずかったかが分かるので、原文は消さずに残しておきます。    最も大切なことは、ウイルスを含んだ小さな飛沫は鼻やのどでは捕ま…
コメント:0

続きを読むread more

健康(第47話):新型コロナ対策になる?

   【健康(第46話):私のコロナ対策法】は3人の知事に送信してみたが評価は芳しくないのであろう。市民への働きかけがない。    今日のブログは、2,3日前にTVを見ていた時、一人のドクター(大学教授だったが、大学と教授の名はメモできず)が、私も時々掃除している舌苔について語っていたことを記す。詳しい情報を得ようとネットで調べてみた…
コメント:0

続きを読むread more

健康(第46話):新型コロナ感染防止に対する私の対策法

   以下に記す対策は私の家族がインフルエンザ、風邪そして花粉症への対策として長年実践してきたことです。そのためか小まめに実践している私には花粉症はありません。家族も花粉症のための薬を飲むことはありません。新型コロナにも多少の効果はあると信じて、今も日々実践しています。    それでは、なぜもっと早くブログに書かなかったかと言えば理由…
コメント:0

続きを読むread more

健康(第45話):香害

   香害は化学物質過敏症の一つです。化学を専攻した人間としては、そのうちいつの日にかは記事になる日がくるであろう、と想っていたが3月17日の毎日新聞に遂に掲載された。    カフェの店主ご夫妻が二人とも、“よい香り“のする客が来店すると、全身にだるさや痛みを感じるようになったのである。結果として、経営が順調であったカフェを閉店するこ…
コメント:0

続きを読むread more

考え方(第15話):人並み以上の仕事に至るヒント

   ここでは二つのヒントを紹介する。    一つ目のヒントは、野村 克也氏がヤクルトの監督時代に選手だった川崎憲次郎さんがフジTV系番組の取材者に語ったことである。 川崎さんは、野村氏がミーティングで話した「奇跡を起こす3つのポイント」と書いたノート を紹介した。そこに書かれていたことは「1つめが初めてのことを何かやってみる」、「…
コメント:0

続きを読むread more

原理・原則(第32話):諺(9)、理屈と膏薬(3)、安倍政権

   諺とは「二度あることは三度ある」と「理屈と膏薬はどこにでもつく」である。【原理・原則】第30話と第28話で述べたことが政治の世界で頻発している。検事長人事まで閣議決定で変更し始めたのである。つまり、三権分立が脅かされ、司法判断が時の政権に都合がよい人物を選任できる仕組みに手を付け始めた。「そのような政権を許す国民にはそのうちしっぺ…
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第20話):桜を見る会

   2019年8月29日以来のブログです。PCの中の情報抜き取りに関する結果は、インターネット契約している会社によれば、「条件によっては情報が抜き取られる(詳細は省略)」とのことでした。私は「高度なテクニックを駆使すればすべての情報を抜き取ることができる」と、個人的には考えています。ブログの怖さを感じてやめようかとも考えますが、これま…
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第19話):ブログをするのは安全?

   今日のブログ内容の前半は事実を、後半は推察を書きます。推察が入るので空想ニュースです。が、推察が事実ならブログを止めたくなるでしょう。事実、ショックを受けた私は、ブログを続けるか止めようかと、今も迷っています。    前半の事実は、BIBLOGE社のシステム・アップと関係します。デジカメの機能を使ってメモリーのサイズダウンをする…
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第18話):日本国民は賢い?!

   参議院選挙で自民党はほぼ満足する結果を得た、と推測する。負けたのは、政策が直接住民に影響する地区、秋田(イージスアショア問題)や沖縄などだけである。仲のよい友人あるいは仲がよかった友人への忖度、官僚の人事権を行使することの弊害、「不都合な真実」に背を向ける政治など、間接的にしか国民に影響を与えない事項での失政は選挙に殆ど影響しなか…
コメント:0

続きを読むread more

政治(第45話):参議院選挙、有権者に希む

   今日のブログで言いたいことは、『選挙では「どの政党がいいか」や「他の政権に比べて」ではなく「今の政権そのものが是か非か」という選択をして欲しい』ことです。これは6月28日の毎日新聞・論点において、郷原信郎弁護士(東京地検特捜部・元検事、名城大教授、関西大客員教授)が述べたことです。郷原氏は「政権基盤が揺らぐことは一時的にはマイナス…
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第17話):老後に2000万円不足問題

   発言の日にちはメモしていないが、麻生大臣が老後に「毎月5万円の赤字」、「30年間で約2000万円の資産取り崩しが必要」と発言している。「資産取り崩しが必要」ということは、「老後に備えて2000万円程貯蓄しておくことの期待」がある。    【生活(第18話)】では、安倍政権6年間の財政赤字を国民が将来負担するとすれば、一人当たりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原理・原則(第31話):賢い人の言葉・行為(第10話)、老後に2000万円不足!

   今日のテーマは【原理・原則(第21話):賢い人の言葉・行為のまやかしの見抜き方(第7話)】と同じです。    問題対象となる賢い人の行為は、心の底では相手に敬意を持っていないところから生じます。私の経験を話すと、賢い人の人事権を私が少しでも持っていると賢い人が判断している間は、私に近づき丁寧に応対していましたが、人事権を持たない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境(第2話):国有林・はげ山の脅威?!

   私が危惧する結論を最初に記す。国有林を数百ヘクタール規模で皆伐・丸裸にする権利を民間業者に許可する法案(国有林野管理経営法改正案)が国会で現在審議されている(毎日新聞、5月25日)。法改正されると、地球温暖化による異常気象を経験する昨今、大規模な土砂崩れが予想される。国有林なので民家は少ない地域なのであろうが、大規模な土砂崩れが起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活の科学(第11話):美容、ヒアルロン酸

   今日のテーマは、「生命体は一つの化学反応系・組織である」と表現できます。この表現にはさまざまな情報が込められています。その中で最も注意をすべき情報の一つは「身の周りは化学薬品が溢れています。注意深く行動しないと大やけどします」です。    その例が毎日新聞(5月10日)に報じられていました。「ヒアルロン酸を体の中に安易に注入する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済(第10話):OECDからの提言!

   OECD(経済協力開発機構)からの提言を私流に解釈すると、「日本国民よ、目を覚ませ」となります。    4月16日(毎日)に掲載された小さな記事(10cm×10cm)、対日経済審査報告書の概要は、財政赤字削減のためには     ① 消費税率は20~26%への引き上げが必要である。     ② 炭素税などの環境関連税の増税も必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治(第44話):新元号に思う

   新元号が『令和』となった。私は発表される前から、そろそろ中国古典ではなく、日本の古典に基づいて決めて欲しいと考えていました。実際にそうなって嬉しく思っています。その理由について今日は述べます。    人間の成長において最も大切なことは、「自立して生きることができる」ということだと考えます。勿論、一人では生きてゆけないので、お互い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第16話):教育改革!、英会話?

   今日は小・中学校に通う子どもをお持ちの親御さんたちへの参考意見です。それは、「日本人の日本語力・国語力が既に落ちていますが、今後ますます落ちていくと予想されます」という話です。    既に一度ブログに書いた記憶があるのですが、私はかなり前からそのことを予想していました。というのは、小学校で教えておられた先生と話していると、「国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活(第19話):洗濯

   季節変化による衣替えのとき、洗濯してしまっておいたパジャマ等がかなりかび臭いのに気づいた。数年前のことであるが、以前にも多少は臭うことはあったがこれほどまでではなかった。その時以来している対策について今日は記す。ブログで取り上げるほどの内容ではないが、私が心がけているうちの2つだけを記してみる。役に立ったと思って頂ける人もおられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治(第43話):日ロ平和条約交渉

   私は歴史が専門ではない。それ故、第二次世界大戦終戦時の日ソ両国に関する知識と言えば二項目ぐらいである。一つは、ソ連が日ソ中立条約を無視して対日参戦したこと。もう一つは、スターリン首相が対日参戦の見返りに千島列島をソ連に引き渡すというヤルタ協定(密約)を米国などと結んでいたことである。対日参戦への誘いは当時のアメリカ大統領ルーズベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想ニュース(第15話):米軍基地問題

   米国にとって日本ほど都合のよい国はないと考えます。他国の土地を自国の土地以上に都合よく使える上に、軍事機密に属さない技術的な修理を行えるだけの技術力を日本は備えているからです。    米国にとって都合のよいことの4つを列挙してみましょう。    その一つは、米軍基地内では何が起こっていようと日本の関係当局が立ち入れない仕組みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more