空想ニュース(第17話):老後に2000万円不足問題

   発言の日にちはメモしていないが、麻生大臣が老後に「毎月5万円の赤字」、「30年間で約2000万円の資産取り崩しが必要」と発言している。「資産取り崩しが必要」ということは、「老後に備えて2000万円程貯蓄しておくことの期待」がある。
   【生活(第18話)】では、安倍政権6年間の財政赤字を国民が将来負担するとすれば、一人当たりの貯蓄額が年間いくらになるかを計算しました。結果は一人当たり約28万円となりました。この年額28万円を毎月の貯蓄額に換算すると約2.3万円となり、夫婦で4.6万円(およそ5万円)となります。
   まとめると、安倍政権6年間では「夫婦で毎月4.6万円(およそ5万円)を国の借金」として積み上げてきた。一方で安倍政権の財務大臣が「老後に毎月およそ5万円が不足」としている。両者の数値があまりにも似通っているので私は驚いた次第です。発言ミスが多い麻生大臣でも、「国家財政の赤字額が将来にわたって夫婦で月額5万円です」とは言わないでしょう【担当記者:Sole・Hont・Kerr(ソレ・ホント・カー)】。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック