テーマ:経済

経済(第10話):OECDからの提言!

   OECD(経済協力開発機構)からの提言を私流に解釈すると、「日本国民よ、目を覚ませ」となります。    4月16日(毎日)に掲載された小さな記事(10cm×10cm)、対日経済審査報告書の概要は、財政赤字削減のためには     ① 消費税率は20~26%への引き上げが必要である。     ② 炭素税などの環境関連税の増税も必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済(第9話):世界人材競争力ランキング

   政府の肝いりで働き方改革が進んでいる? 1月28日には、NHKでドイツの現状を報道していたが、羨ましいというべき姿を視聴した。たとえば、超過勤務の実態を抜き打ちで調査するために、専属の調査員が毎日抜き打ち巡回検査をしている。不法が見つかれば180万円の罰金か禁固刑(1年以内だった?)に処せられる。休暇も年間25日だったかを取得する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済(第8話):軽減税率、官僚の姿勢

   官僚は、「あるテーマで報告書や資料を出せ」と命じられたら、施策に都合のよい報告書や資料を作り上げる。例えば、原子力発電の場合であれば、自然エネルギーを利用した発電単価よりも原子力発電の単価の方が安いとか、ある県が空港を新たに建設したい時には、維持費と空港利用者の収入などが比較される。    いずれの場合にも算定の細かな根拠が示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済(第7話):黒田日銀総裁も日本の財政は危ういと!?(第3話)

   今日も新聞情報(毎日新聞2月26日)をもとに記述する。    それによると、黒田総裁は、政府の経済財政諮問会議で日本の財政の信認低下に伴うリスクを強く訴えたが、その発言の多くが議事要旨から削除された、とある。数分間の熱弁がわずか7行の要旨となったとあるだけで詳細は分からない。しかし、総裁の主張内容には、主要国の金融当局で作るバー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

経済(第6話):国の財政破綻(第2話)

   国の借金が2015年度末に1167兆円になる見通しであることを財務省が発表した(2月14日、毎日新聞)。  2013年度末が約1025兆円なので2年間で142兆円(1年間に約71兆円)借金は増えることになる。【経済(第2話)】では2012~2013年の1年間では33.4兆円の借金増加だったので財政悪化のスピードは加速しているようで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

経済(第5話):気になるアベノミクス

   日本経済の行く末はすべてアベノミクスの成否にかかっている。法人実効税率の引き下げなどに必要な財源は、先送りされているからだ。つまり、国の借金を増やして大企業の応援などをしているので、それに見合う税収がなければ国の借金はますます増えることになる。経済が成功しようが失敗しようが10%への増税は避けられない。そうしないと、国の借金はます…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

経済(第4話):円安で少しは得をしましたか?

   【経済(第2話):国の財政破綻】について記したとき、「米ドルを今購入しておけば少しは得をするかもしれませんよ」と書きました(当時は101~103円/米ドル)。こんなに円安になるのなら、しっかりと米ドルを購入しておけばよかったのですが、後の祭りです。インフレは国民の収入が増加しないと、生活費だけが上昇して生活が苦しくなります。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

経済(3):株価は官製相場だとか!?

   経済に関して自分の意見を述べるだけの力量・知識を持ち合わせていない。よって、今日も新聞情報(京都新聞9月9日)を基に記す。    それによると、内閣支持率は株価と連動するそうである。そこで、株価の底上げで政権を支援するために、公的年金の株式購入や日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れをするのだそうだ。具体的には、株価が下落基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済(2):国の財政破綻(2025年頃?)にどう備える?

   5月10日の京都新聞、5面:国の借金1024兆円と、6面:稲盛和夫氏・成果主義は活力を生まない、との二つから表題の日を推察してみた。しかし、「私が経済、財政、金融の、いずれにも素人であること」を理解して頂いた上で読んで頂きたい。    記事の要約から始める。5面では、2013年度末時点の国の借金が1024兆9568億円で1年間(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

経済:給料は上がるか?

   もっと早い内に記そうと考えていたが遅くなった。結論は、大企業だけが儲け、そのお金を使って海外の企業を買収し海外での生き残りをかける。日本は人口が減少し市場は伸びないと考えている人が多い。つまり、大企業は海外で儲けて生き残りをかけると想われるので日本人の給与を上げることには興味がない。最近の経営者の多くはそんな人が多い。京セラ創始者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more