テーマ:安倍政治

空想ニュース(第5話):安倍首相の驚異の政治手法

   記者は、第一次安倍内閣には「お坊ちゃま政治」の匂いを感じていた。病気が原因ということで政権は終わりとなったが、政権を放り出すほどの重病であったのか、真実のほどは分からない。しかし、“病気療養”中に自分の政治のやり方を真剣に点検したのは間違いないと推察する。「如何にすれば長期政権にすることができるのか」と。    その成果の一つが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原理・原則(第30話):諺(8)、理屈と膏薬(2)、安倍政治

   秘密保護法や安保法案が議論されていた時には、安倍政治の危うさが気になったが、最近は安倍総理の判断の仕方が興味深くて仕方がない。「人は自分の欲望を満たすためには、人間としてのプライドもこんなにも簡単に捨て去ることができるのか」を目の当たりにすることができるからである。安倍総理がそのことを分かってやっているのであれば、独裁制に繋がるあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック ジョーク(第1話):リベラルな安倍政治!

 世論調査 :憲法9条改正の反対は52%(4月)。    国会    :TPP審議、甘利大臣辞任、西川TPP特別委員長・内幕本問題、熊本地震。    菅官房長官:総理!、TPP審議、憲法改正どころではないです。これでは夏の参院選が戦えません。    安倍総理 :今どんな法案が出ている?    菅官房長官:「ヘイトスピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治(第31話):安倍総理の論理の危うさ

   国会論戦を聞いていて、安倍総理が相手の批判に対してどのように対処しているかに興味があり、慎重・丁寧に聞いてみた。すると、「相手の質問の核心部分には答えず、核心の周辺部分に属する内容の事を一杯並び立て、そこに答弁を集中させ議論を引き込む戦法」をとっていた。それでも相手が核心部に話を戻そうとすると、「貴方たちができないことをやってきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原理・原則(第28話):諺(6)、安倍総理の二枚舌(3)

   今日の諺は【諺(4)】と同じく、「二度あることは三度ある」である。    安倍政治の細かいことを取り上げるときりがないので、今日まで取り上げなかったが、今日の話題は取り上げざるを得ない。憲法を無視し、閣議決定の方を優先しているからである。つまり、憲法はあってないに等しく、安倍政治は独裁政治の領域に足を踏み入れていると感じるからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more