空想ニュース(第19話):ブログをするのは安全?

   今日のブログ内容の前半は事実を、後半は推察を書きます。推察が入るので空想ニュースです。が、推察が事実ならブログを止めたくなるでしょう。事実、ショックを受けた私は、ブログを続けるか止めようかと、今も迷っています。
   前半の事実は、BIBLOGE社のシステム・アップと関係します。デジカメの機能を使ってメモリーのサイズダウンをすることなく、カメラ内の画像を消去してしまいました。PCの中にある画像のサイズダウンの仕方がその時には分からず、ブログの画像編集を利用することを思いつきました。編集中で非公開にしておけば、本来公開することのない私的な画像もサイズダウンできると考えました。
   サイズダウンした写真を自分のPCに取り込んだら、編集中のブログは削除するつもりでいましたが、ブログを削除する前にシステム・アップに遭遇することになり、その結果、事は起きました。私的な画像が公開されていないと今も考えていますが、別の思いがけないことが起こったのです。
   私は、写真5、6枚をサイズダウンしました。ところが、新しいシステムではファイルマネージャーなる画像予備ファイルがあって、一ファイル当たり20画像保存でき、そして少なくとも10ファイルは保存できる感じでした。その結果、BIGLOBE社のシステム変更の際に、私がサイズダウンした5、6枚とは無関係に、私のPCの中にある画像200枚(20画像×10)が抜き取られファイルマネージャーにストックされていたのです。しかも、200枚の画像は、私のPC中の複数のファイルから抜き取られていました。私にはかなりの衝撃でした。
   このことは何を意味するかと言えば、ブログの場を提供している会社は、その気になればブロガーのPC内情報(文書や画像など)をすべて閲覧できる、また、その気になれば抜き取ることができるということです。
   今は情報がお金になる時代です。鉄道の乗車カードやクレジットカードなど企業はポイントを餌に顧客情報を競走して集めています。そのことを実証するかのように、インターネットで検索したらブログの広告サイトに直ぐに関連広告が現れます。ブログを書いたときも同じです。
   ブログの場を提供している会社が、利用しているブロガーのPC内情報を抜き取って情報集めをしているのか否かを私は知りません。そういうことができるか否かのハード的知識も持ち合わせていません。ただ、ブログで編集中の写真とは関係ない、私のPC中の写真が200枚ほど、私の了解もなく勝手に抜き取られていてファイルマネージャーにストックされていたので、脅威・恐れを感じてこのブログを認めている次第です。
   もし抜き取っていてそれが公になれば、社会問題となり刑事事件や民事事件として訴えられるでしょう。あるいは、ブログを始めるときの契約書の中に、「貴方のPCの中にある情報は利用させてもらうことがあるのでご承知おきください」の文言があるのかもしれません。
   ブログに限らず企業にアドレス登録した場合、同様のことが起こりえることをネット利用者は知っておくべきだと感じました。そのことを危惧しているからか、ネットで金融取引できる一社だけが、「今日何時何分に貴方の口座にアクセスがありました」というメールをその都度届けてくれます。ネットは便利な反面、事故や事件と隣り合わせであることを自覚したいと思います。そして、自分のPC内情報はいつ何時衆目に曝されるかもしれないという覚悟もあった方がよいかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント