京都:哲学の道(南禅寺~銀閣寺)

   毎年の春と秋、友人と京都を散策することを恒例行事としている。今春は哲学の道を歩いた(4月12日)。時期外れの記述となるが書くことにした。
   哲学の道とは、南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)までの小道である。琵琶湖疏水の両岸に植えられた桜を観るには絶好の時期であった。行ったのが平日だったので人が比較的少なくてよかった(京都観光は平日に限る?)。
   観光地ではどこで食事を摂るかが一つの課題である。よさそうだと推察して入った店が、友人ともども気に入った店だったのでここに紹介する。
   ごく普通の店であるが良心的な店だった。店の真ん中に大きな胡蝶蘭の花が飾ってあったので、「開店祝いの花ですか?」と会計の時尋ねると「開店して50年程になる」という返事であった。気に入った店なのでブログで紹介しますと言うとマッチが渡された。マッチ箱には、自家焙煎珈琲店・バンビ-京・銀閣寺バスプール前とある。
   本当はもう少し早く記す予定だったのだが、1年余りやった前のブログが都合で引き継ぎできなくなって今日に至った。遅くなっても約束は果たしたいと思った次第である。
   写真は疎水の岸にある桜と銀閣寺である。

  
画像


  
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック